NIHON UNIVERSITY SENIOR HIGH SCHOOL

分かりやすい授業計画により,勉強に対する積極性を身につける

本校のシラバスは,生徒一人ひとりが計画的かつ主体的に学習できるよう構成しています。
本校の生徒たちは「授業計画」に基づいて予習の習慣をしっかり身につけます。

シラバスとは?

1.授業のねらい

1年間の授業を通じ,各科目について理解してほしい事柄,身につけてほしい見方,考え方,処理能力などが,到達目標として具体的に示されています。

2.授業のすすめ方

どのように授業を展開していくかが具体的に示されています。また,授業までに準備すべき事柄や,授業後に確認しておいてほしい事柄などが書かれています。

3.学習上の留意点

ノートの作り方,ワークブックの取り組み方,その提出時期,復習のタイミングや配布プリントの扱い方まで,
学習していく上で注意しておいてほしい点が細かくあげられています。

4.副教材・参考文献

公立中学校に比べ,1科目に当てられる週当たりの時間数が多いので,教科書の他に問題集などの副教材を使用します。
また,内容を深め,参考文献を有効に活用するために,その書籍名が書かれています。

5.評価の視点・テスト・課題等

定期考査の他に,平常点を構成する小テスト・宿題・授業態度など,どのような評価項目があって,
それぞれどのようなバランスで評価されるのかが細かく示されています。

6.定期考査

年間5回実施される定期考査(教科によります)に関して,教科書と副教材のどこから出題されるか,その範囲が示されています。

7.授業計画

積極的にどんどん先まで予習できるよう,各学期・各月ごとに計画された1年間の授業内容が
「単元名・学習項目」「評価方法」「到達目標」の3項目に分けて,詳しく示されています。

総合進学クラス・
スーパーグローバルクラス

PDF アイコンをクリックすると,シラバスをご覧いただけます。

教科 教科 1年 2年 3年
文系 理系 文系 理系
国語 国語総合 現文
PDF

古典
PDF
現代文B PDF
現代文研究 PDF
古典A PDF
古典B PDF PDF
地理歴史 世界史A PDF
日本史A PDF
地理A PDF
世界史B PDF
日本史B PDF
地理B PDF
世界史特講 PDF
日本史特講 PDF
地理特講 PDF
地歴研究B 地理
PDF
日本史
PDF
世界史
PDF
公民 現代社会 PDF
政治・経済 PDF
現代社会特講 PDF
公民研究 PDF
数学 数学I PDF
数学II PDF PDF
数学III PDF
数学A PDF
数学B PDF PDF
数学研究 PDF PDF
理科 物理基礎 PDF
生物基礎 PDF
化学基礎 PDF
物理 PDF
生物 PDF
化学 PDF
物理研究 PDF
生物研究 PDF
化学研究 PDF
保体 体育 PDF PDF PDF
保健 PDF PDF
芸術 音楽I PDF
美術I PDF
書道I PDF
外国語 英語表現I PDF
英語表現II PDF
コミュニケーション英語I PDF
コミュニケーション英語II PDF
コミュニケーション英語III PDF
英語特講 PDF
家庭 家庭基礎 PDF
情報 社会と情報 PDF
特別進学クラス

PDF アイコンをクリックすると,シラバスをご覧いただけます。

教科 教科 1年 2年 3年
文系 理系 文系 理系
国語 国語総合 現文
PDF
古典
PDF
現代文B PDF
現代文研究 PDF PDF
古典B PDF PDF PDF
国語特講 PDF
地理歴史 世界史A PDF
日本史A PDF
地理A PDF
世界史B PDF
日本史B PDF
地理B PDF
世界史特講 PDF PDF
日本史特講 PDF PDF
地理特講 PDF PDF
地歴研究 地理
PDF
日本史
PDF
世界史
PDF
公民 現代社会 PDF
政治・経済 PDF
現代社会特講 PDF
公民研究 PDF
数学 数学I PDF
数学II PDF PDF
数学III PDF
数学A PDF
数学B PDF PDF
数学研究 PDF PDF
理科 物理基礎 PDF
生物基礎 PDF
化学基礎 PDF
物理 PDF
生物 PDF
化学 PDF
生物基礎研究 PDF
物理研究 PDF
生物研究 PDF
化学研究 PDF
物理特講 PDF
生物特講 PDF
化学特講 PDF
保体 体育 PDF PDF PDF
保健 PDF PDF
外国語 英語表現I PDF
英語表現II PDF
コミュニケーション英語I PDF
コミュニケーション英語II PDF
コミュニケーション英語III PDF
英語特講 PDF
家庭 家庭基礎 PDF
情報 社会と情報 PDF
  • シラバスの内容(時間や事項)については,理解度やその他の都合により省略や前後することもありうる。