NIHON UNIVERSITY SENIOR HIGH SCHOOL

沿革

1930年
横浜市神奈川区大口で開校式挙行
1945年
横浜大空襲
校舎が全壊し,鶴見区生麦国民学校の一部を借り,授業を再開
1947年
港北区箕輪町に移転
1948年
新制の日本大学高等学校が発足
同時に新制の日本大学中学校を併置
1960年
旧本館竣工
1989年
100-50記念館竣工
日本大学創立100周年記念式典挙行
1999年
中学校に女子生徒を受け入れ男女共学となる
2001年
高等学校商業科の生徒募集停止
2002年
高等学校普通科に女子生徒を受け入れ男女共学となる
2004年
中学校・高等学校 全学年男女共学となる
2005年
本館・総合体育館竣工
2006年
グラウンド(人工芝)・クラブハウス(部室棟)竣工
2007年
さくらホール(旧講堂武道館)・渡り廊下竣工
2008年
第2グラウンド竣工(人工芝)
2010年
創設80周年記念式典挙行
2011年
特別進学クラス設置(高等学校)
2016年
GL・N.Sコース設置(中学校)
2017年
SGクラス設置(高等学校)

校歌

日本大学高等学校・中学校 校歌

作詞:長田恒雄 作曲:平井康三郎

1
あさあけのかげはさやけく そよ風もかおる広野に
多摩の水清きを汲みて 生いたつや若人われら
とこしえの真理を仰ぎ すすむもの ああ眉は明るし
2
海の音ひびくかなたに 呼び交わす声もこだまも
富士が嶺の高きにかよい 羽ばたくや若人われら
あたらしき文化をめざし すすむもの ああ眉は明るし
3
みどり濃き丘にむかいて 睦みつつ胸もゆたかに
さくら花ほほえむごとく かがやくや若人われら
かぎりなき希望にもえて すすむもの ああ眉は明るし

日本大学高等学校・中学校 応援歌「若きいのち」

作詞:長田恒雄 作曲:平井康三郎

1
あふれくる あふれくる
若き命の 高鳴りに
瞳すずしく 頬あかき
わが日大横浜学園の
精鋭は今 気負い立つ ヤッホ
颯爽と気負い立つ
2
たぎりくる たぎりくる
熱き血潮の 雄叫びに
力あふれて 枝冴ゆる
わが日大横浜学園の
精鋭は今 奮い立つ ヤッホ
颯爽と奮い立つ
3
もえてくる もえてくる
猛き心の ときめきに
栄誉担いて けなげなる
わが日大横浜学園の
精鋭は今 挑み立つ ヤッホ
颯爽と挑み立つ
4
よせてくる よせてくる
友の情けの 歌声に
勇み奮いて 頼もしき
わが日大横浜学園の
精鋭は今 たぎり立つ ヤッホ
颯爽とたぎり立つ